ゲーミングチェアで仕事したら、世界変わった

ゲーミングチェアで仕事をしている。という方はあまりいないと思いますが、作りがしっかししている分、日常用途で使う際も快適に過ごすことが出来ます。在宅で仕事をすることが多いほど、快適に座れる環境を導入してみてはいかがでしょうか。

こんにちは、普段はフリーランスでゲーム制作に携わっているエルと言います。

今回は家で使うゲーミングチェアについて、書いていこうと思います。

僕は家で仕事する場合と、オンラインゲームをやることも多いため、椅子に座る機会がとても多いです。一日の大半を椅子で過ごします。
そのため座り心地を重視し、ゲーミングチェアを使っています。(ちょっとオフィスチェア寄りですが)

特にゲームをしない場合でも、買って良かったなと感じる部分が多いので、今回はその辺の紹介をしていきます。

ちなみに僕が使っている椅子はこちらなので、この椅子での話がベースになります。

 

座り心地が良い

ゲーミングチェアは座り心地が抜群に良いです。

今は家電量販店でも発売するくらい、メジャーなものになってきました。それもあり、店頭で座る用にサンプルを用意してある場合がありますので、実際に購入前にどんな感じなのかが分かります。

座ってみると、その柔らかさや座った時に今までの椅子とは違うなと感じられるはずです。

ゲーミングチェアを取り扱っているメーカーは、カーレース向けにシートを製造しているメーカーがほとんどです(有名なのはAKRACINGというメーカーです)。それ以外でもソファ等の家具を製造しているメーカーです。そのため、長時間座っていても疲れづらい、体にフィットしやすい形になっています。座る部分のクッションも厚くなっているため、座った際に沈み込むため座りやすなっています。

またアームレストの部分も柔らかい素材が使われているので、肘を置いていても痛くなりづらいです。長時間の使用を前提に作られている分、各所がよく考えて作られていますし、欲しいと思うものが追加されています。

 

寝やすい

先述した座り心地もあり、仮眠をしやすいと感じます。
リクライニングや、フットレストがあると一層快適になります。

仕事もゲームも、長時間していると疲れてくる関係で、どうしても睡魔との闘いになります。そんな時にリクライニングがあると、傾けるだけで仰向けになることが出来るため仮眠をしやすくなります。リクライニング機能がないものでも、机に突っ伏す姿勢で寝ることは出来ます。しかしそれだと腰に負担がかかるため、腰を痛めやすくなると感じています。

フットレストが付いているかは物によりますが、ある場合だと寝るときの快適度が変わってきます。新幹線や深夜バスに付いている時がありますが、足を伸ばせるというのは結構快適ですよね。

ベッドで寝る時も足を伸ばしますし、その状態に近づけることでより通常の睡眠と同じ感覚で寝れるため、効率が良いと思います。

作りがしっかりしている分、値段が高い

ゲーミングチェアで調べた時に感じると思いますが、しっかりしたメーカーほど値段が高くなります。

どんな商品でもそうですが、有名なメーカーや機能が多いものほど値段は高くなってしまいます。椅子の場合でも当てはまり、座り位置・アームレストのアップダウン・リクライニング・フットレスト付き。となってくるとどうしても値段が上がってきます。

また重量も上がるため、床に跡が付かないようにシートや絨毯などを敷く必要が出てきます。そういった配慮が必要になるため、プラスで値段が掛かることは否めません。

しかし、その分買った後はその機能をフル活用し、デスク周りが快適になってくると考えると、良い投資なのかなと感じています。

 

まとめ

今回はゲーミングチェアについて使った経験から、良いと感じた点を書いてみました。

普段ゲーミングチェアを使った事がない人ほど、今まで使ってきた椅子との違いを感じると思います。
最近は在宅で仕事する機会も増えたことで、今まで以上に座る時間が増えたという方も増えてきました。

椅子は自宅でも長時間使うものだと思うので、買い替える際には快適に使える用に、自分の欲しい機能が入った椅子にするのをオススメします。