【映像編集に革命を】ハリウッドでも使われるプロツールDaVinci Resolve

映像制作はお金がかかる!は、過去の話かもしれません。ついに、編集ソフトも無料で試せる時代になりました。これから始めてみたい人はもちろん、使い慣れたものにプラスして、新しい編集ソフトを試してみたい人にもオススメできるプロツール・DaVinci Resolveをご紹介します。

こんにちは!元テレビマンで二児の母、映像クリエーターのじゅりちゃんです。

皆さん、DaVinci Resolveって耳にしたことありますか?

最近人気が出てきている映像編集ソフトです。

Final Cut Pro、Adobe Premiere Proと、市場のシェアはApple社やAdobe社などのアメリカ資本の会社が席巻してきましたが、DaVinci Resolveはオーストラリアに本社を置く、Black Magic Design社が提供しています。

公式サイトによると、ハリウッドでも多くの作品に使われているのだそうです。

DaVinci Resolve、私も使ってみましたが、とってもいい!

映像編集ソフトどれ使おうかなと迷っている入門者の方や、新しいツール試してみたいなという方にオススメできるポイントを挙げてみました。

今までになかった革命的映像編集ソフトDaVinci Resolveオススメポイント3つ

無料なのに高度な機能が使える

DaVinci Resolveのオススメポイントは、第一に、無料であることです。

プロツールで市場シェアの高い他社製品と比べてみましょう。

  • Adobe Premiere Pro/単体プランで月額約2,700円
  • Apple Final Cut Pro/買い切りで36,800円
  • BMD DaVinci Resolve/無料。有料版は約4万円

これだけ見ると、どうせすぐに有料にアップグレードしないと使えないんでしょ、という印象を与えてしまうかもしれないのですが、そんなことありません!

キッパリ!

Premiere ProやFinal Cut Proに匹敵するような、プロツールとしてのクオリティを持っていながら、無料!

これから映像編集を始めてみたいという方にはピッタリなんじゃないでしょうか。

しかも、ハリウッドクオリティなんて、胸をくすぐりませんか!?(他の2ツールも、ハリウッドで使われているだろうことに変わりはないのですが…)。

映像編集ソフトは、基本の使い方は共通するものが多いので、まずはDaVinci Resolveで始めてみて、慣れてきたら、お金を払って他のツールを試してみるというのも一つの方法だと思います。

編集の醍醐味、グレーディングが楽しめる

私が感じた、DaVinci Resolveの最も魅力的な特長は、映像の作り込みに非常に優れているというところです。

映像の作り込みとは、カラーコレクションと呼ばれる色の補正作業であったり、カラーグレーディングと呼ばれる、映画のような色合いにしたりする作業が、他のソフトと比べても丁寧で、直感的にできるのです。

もともと、映像の色を補正する、カラーコレクションを専門に行なっていた会社が源流であることや、Black Magicという映像専門のカメラを一緒に開発していることなどが、グレーディングに特化しているという特長を打ち出しているのだと思います。

Davinch Resolve でのカラーコレクション・グレーディングについてはこちらのチュートリアルがめちゃくちゃわかりやすいです!

動くテキストも盛りだくさん。オリジナル製作も!

DaVinci Resolveに入っている、動きのあるテロップは、どれもすぐに使えるおしゃれなものばかり。

ちょっと主観になってしまいますが、Premiere Proよりも使い勝手の良い動くテキストが多いと思いました。

また「少しエフェクトを変えたいな」なんて場合は、同じソフトの中のフュージョンという機能を使えば、カスタムできます。

同じくフュージョンを使って、オリジナルを作ることも可能です。

Adobe製品で同程度の動くテキストを作る場合は、After Effectsというまた別のソフトが必要になるので、1つのソフトの中で(しかも無料で)完結できるDaVinci Resolve。

太っ腹ですね。

まとめ

プロ仕様の編集が可能な無料ソフト・DaVinci Resolve。

これから映像編集を始めたい方も、すでに他のソフトに慣れ親しんでいて、違ったものを試してみたい方にも、オススメです。

私は特に、カラーグレーディングが直感的にできるところがお気に入りです。

DaVinci Resolveのダウンロードはこちらから。

また、Black Magicをレンタルで試せるサービスもありますので、ぜひ!

安価に良いツールを使って、お気に入りを見つけていきましょう。

 

Premiere Proにも、新機能が追加されました!こちらの記事もどうぞ。

【映像編集に革命を】AIによるPremiere Pro自動文字入れ機能