この夏必見!新感覚の冷たいパスタ【冷製カルボナーラ】

暑い日にはサラッとしたもの食べたくなりますよね! この夏必見! 新感覚の冷たいパスタ冷製カルボナーラをご紹介したいと思います。

こんにちは!

 

京都でイタリアンのお店をしていますchef acero【シェフアチェロ】と申します。

 

今日はこの夏オススメ!

新感覚の冷たいパスタをご紹介します。

 

その名も『冷製カルボナーラ』!!!

 

えっ!

 

冷たいカルボナーラ??

 

これを聞いてなんだなんだと気になる方もおられるのではないでしょうか!

 

そんな冷たいカルボナーラの魅力をたっぷりご紹介したいと思います。

 

ビリキナータの風物詩【冷製カルボナーラ】ってどんなパスタなの!

(1)冷製カルボナーラはどうやって出来たの?

 

普段から来られるお客様のふとした一言から始まりました。


お客様はうちのパスタが大好きでいつもお任せでいろんな種類のパスタを食べられていました。


その日は暑い日で今日は冷たいパスタが食べたいとのご要望でした。

しかしその日ある材料だとありきたりの簡単な冷たいパスタしか出来なくて普段から少し変わったパスタを好まれるお客様だったので、その日は宿題として次回までにご用意しますとなりました。

さぁここから新しいパスタを作るための準備です!

まずはお客様のご要望を考えました。

 

・冷たいパスタであること

・今までにない斬新な組み合わせであること

・美味しくて感動したい

です。。。

それらを満たすために試行錯誤の始まりです!

まずは材料選びから!

旬の食材を洗い出しそこから冷たいパスタに合いそうなものを何個かチョイス、それをひたすら食べながらどの組み合わせにするか、どんな形状にするか、味付けはどうするかを考えていきます。

 

(2)冷製カルボナーラってどんなものなの?

毎日試行錯誤し続けた結果ひとつの野菜に決まりました!

その野菜とは「玉ねぎ」です。


ちょうど淡路島の新玉ねぎの時期だったので食材はこいつに決定!

そこからまた試行錯誤の連続でしたが・・・

ある日ふと思いついたのがカルボナーラでした!

カルボナーラの冷たいのって聞いたことないよねーってことでそこからどうしたら冷たく出来るのかを考えました。
まずカルボナーラの材料を考える!

・玉ねぎ

・たまご

・パンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)

・ペコリーノチーズ(羊の乳のチーズ)

・生クリーム

・黒コショウ

これら全てを使って冷たいカルボナーラにするために一番苦労したのが形状でした。

 

まだ食べたことのないお客様からの声で一番多かったのが「固まらないの?」という声でした。

 

チーズを使うので温製と同じ作り方をすると固まってしまったりモタついてしまいます、、、

 

なのでまず材料ひとつひとつを分解し冷たい形状になるよう考え、それらをまた合わせてパスタにすることにしました。

そうすることにより冷たくても固まらないパスタが完成しました

 

(3)冷製カルボナーラって美味しいの?

 

こうして出来た冷製カルボナーラのお客様の反応はどうでしょうか!

 

はじめは皆さんカルボナーラだからコッテリしてるんじゃないの・・・とか
カルボナーラの冷たいのなんて本当に美味しいの・・・?

みたいな感じでした

僕はそれを聞いてしめしめですよね 笑

暑い時に食べてもらうための冷製パスタなのでもちろんさっぱりしてますし普通のカルボナーラとぜんぜん違うのです!

食べたお客様からのお声はどうでしょうか!

・「さっぱりしてて食べやすい」

・「イメージしていたのと違った」

・「何杯でも食べれちゃう♬」

・「感動した!」

 

などなど、、、

ほんとみなさまに喜んでいただける一品となりました。

まとめ

お客様の一言から始まった、お題!冷たいパスタ。

それが今でもこの時期になればみなさまが「待ってたよ」って言ってくださる僕のスペシャリテになりました。

そんなシェフがオススメする食べ方は!!

この時期に入るイタリア産のサマートリュフをたっぷり削って食べるのが最高!

是非みなさまも冷製カルボナーラ食べてみてはいかがですか。