次亜塩素酸水のメリットとデメッリトは?コロナの時代をどう乗り切る?

コロナウイルスはエアロゾールになり目鼻口などの粘膜から感染したり、衣服に付着して伝搬されてしまいます。手洗いやマスク、取っ手やテーブルなどのアルコール消毒だけでは感染を防げません。そこで賛否両論有りますが今話題の次亜塩素酸水がどんなもので、どんな効果が有るのをかを調べてみました。

私が次亜塩素酸水の事を知ったのは2020年2月です。コロナウイルスが広まり始めた時期です。そしてコロナウイルスはエアロゾールになり目鼻口から感染したり、衣服に付着して伝搬され、手洗いやマスク、取っ手やテーブルなどのアルコール消毒だけでは防げないと知り、何か良い方法は無いかと調べ始めました。そんな時、次亜塩素酸水の超音波式加湿器による空間除菌という方法が有るのを知りました。しかし調べ始めてまだ未知のウイルスに対して評価が定まってなく賛否両論だと気付きました。そこで次亜塩素酸水とはどんな効果が有るのをかを調べてみました。

 

ポイント 次亜塩素酸水はコロナに有効で安全なのか?

 

(1)次亜塩素酸水のメリット・デメリット

 

次亜塩素酸水のメリットはインフルエンザウイルスやノロウイルスの不活化に有効、ペットや家畜の糞尿への消臭やタバコの煙や花粉症対策にも有効。今では北海道大学の玉城英彦先生が40ppmの塩素濃度の次亜塩素酸水がコロナウイルスを不活化すると発表されています。デメリットとして光に弱いので遮光しないといけない事や分解が早い事が挙げられます。また様々なPHや塩素濃度の商品が氾濫していた事が消費者を混乱させました。

(2)次亜塩素酸水の製法


次亜塩素酸水の製法には大まかに3種類有ります。

①混合水 次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸で反応させて作る

②電解水 食塩水を電気分解する

③錠剤を水に溶かす 錠剤(無機塩やジクロロイソシアヌル酸ナトリウムなど)

 

上記の3つ製法の中で①は安定しているが②③は濃度にばらつきが出てしまうので分解が早いと言われています。実際、②のある電解水を2か月後に測定すると塩素濃度が半分になっていました。常に空気に触れる事になるスプレイボトルは全ての製法で塩素濃度が劇的に下がっていました。そこで私は①の混合水の次亜塩素酸水が空間除菌には使いやすいと考えました。 

 

(3)次亜塩素酸水の安全性

一般に皮膚に問題ないと言われる塩素濃度は50ppmです。空間除菌の場合は吸入することになるので50ppmの塩素濃度の次亜塩素酸水を20℃で超音波式加湿器で噴霧した時の濃度を計算してみました。すると塩素濃度は0.001ppm程度と推測され、1ppm程度の水道水よりはるかに低値となります。参考までに手指消毒に使うエタノールは70万ppmであり、ビールは3万ppmのエタノールを飲んでる事になります。

次に問題となるのが噴霧する低い濃度の次亜塩素酸水で、コロナを不活化することが出来るのかという事です。しかしこれはまだ分かりません。ただ消臭や花粉症には有効であり、カブトムシの幼虫やコオロギは2週間程度で死んでしまいました。化学物質過敏症の人は水道水でも反応してしまうので、喘息やアレルギーなどの疾患をお持ちの方で、体調に合わないと感じた方は直ぐに使用を止められるのが良いでしょう。

 

まとめ

 

私は手指消毒や取っ手・テーブルの除菌には、高濃度で劣化する事の無い揮発性のエタノールが便利だと思います。そして空間除菌には50ppmの混合水の次亜塩素酸水を使っています。高濃度の薄めるタイプだと濃度を間違えると危険ですし、分解しやすい次亜塩素酸水だと、知らない所で劣化してしまい役に立たない可能性もあるからです。色んな意見はあるとは思いますが私は毎月20万円近く使って、親族やスタッフに50ppmの混合水配りました。見えないコロナに対して特に高齢者は恐怖が軽減され、空間除菌を凄く喜んでくれました。これからも患者さんの役に立ちそうな商品を調べて行こうと思います。

アート治療院&整体スクール

宮本佳浩

https://www.ekiten.jp/shop_6059360/

注意 これはあくまで宮本式整体の考えである。