パソコンも充電できるAnkerの超大容量モバイルバッテリーを使ってみた!

モバイルバッテリーを持っている人は多いと思いますが、パソコンを充電できるモバイルバッテリーを持っている人は少ないかもしれません。コンセントがなくてもパソコンも充電できる、Ankerの超大容量モバイルバッテリーを紹介します。

こんにちは、業務整理コンサルの里山祐一郎です。

スマホの普及に伴って増えてきたモバイルバッテリーの普及。
皆さんもモバイルバッテリーの1つや2つくらいは持っているのではないでしょうか。
もちろん僕もモバイルバッテリーをいくつか持っています。

その中でも今回紹介したいのは、Ankerの超大容量モバイルバッテリーです。

今使っているパソコンがもう3年程使っているのですが、バッテリーの持ちが悪くなってきて修理に出したいのですが数日かかるので出したくても出せない状況で、代替策として大容量モバイルバッテリーを手に入れました。なかなか使い心地が良かったので紹介します。

超大容量モバイルバッテリーAnker PowerCore III Elite 25600 87W

今回購入したのは、AnkerJapnが提供している『Anker PowerCore III Elite 25600 87W』というモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore III Elite 25600 87W

AnkerJapnのサイトのカテゴリを見ると、大容量ではなく超大容量モバイルバッテリーですね。
大容量は10,000mAh〜、超大容量は20,000mAh〜のようです。

このモバイルバッテリーを購入したポイントは、2点。
1つ目は、パソコンが充電できるということ。つまり、出力電力が大きいということ。
2つ目は、バッテリーの容量が大きいということ。パソコンの充電ができるので基本的に容量は大きいですが、パソコンに限らずスマホなども充電できるといいなという観点です。

このポイントを元に購入してみたけど、実際使ってみてどうだったか、感じたメリットデメリットを次に書いてみます。

実際、使ってみて感じたメリットデメリット

まず持ってみて感じたことは、ズッシリ感。
仕様として、約573gと記載があったのは見ていてペットボトルちょいの重さかと想像はしやすかったけど、実際持ってみて見た目の割にズッシリしてるなと感じました。

見た目は、シンプルなデザインで黒色なんだけど少しグラデーションがかった表面でかっちょいいという印象を受けました。

USBポートが2つ、Cタイプが2つ使えることで同時に充電できる物が4つあるので、とても良い。

購入するポイントとなったパソコンの充電はどうだったかと言うと、出力が87Wあることで1時間もかからない時間で7割近く充電できました。
コンセントに差しているのと変わらない速さに感じました。
パソコンフル充電してもまだ余りがあったので、スマホも充電することができました。

まとめると、デメリットは重さぐらいで、それ以外は非常に良いと感じました。

Ankerは他のモバイルバッテリーもおすすめ

超大容量モバイルバッテリーを紹介しましたが、Ankerはモバイルバッテリーに特化したメーカーと言っても過言ではありません。
何より価格帯がとてもリーズナブルなメーカーだと思います。
なぜこれだけリーズナブルな価格たいかと言うと、Ankerはオンライン販売にこだわったためです。

こちらはコンパクトでスマホも充電できるくらいの容量も十分にあるモバイルバッテリーですが、なんと税込2,980円。めちゃくちゃ安いです。

Anker PowerCore III 5000

これはあくまでも一例ですが、他にも良いモバイルバッテリーが揃っているので商品一覧を一度ご覧ください。
https://www.ankerjapan.com/collections/mobilebattery

まとめ

Ankerは割と有名なメーカーなのかなと思いますが、いかがだったでしょうか。
パソコン用のモバイルバッテリーを持っていない方にとって参考になればと思います。

リモートワークが増えてきた仕事のスタイルで、家だけではなく、カフェなどの外の場所で仕事をする機会も増えたのではないでしょうか。
そういった時にコンセントがなくても困ることなく仕事が続けられる、大容量モバイルバッテリーは大活躍します。

パソコン用のモバイルバッテリーを持っていない方はこれを機に検討してみてはいかがでしょうか。