食事が変わると運命が変わる?

なぜ自分だけこんな病気や症状が出るんだろう?と思う事は誰しも有りますよね。多くの場合、その原因はあなたの食べて来たものに有ります。なぜなら今の体はあなたの食事して来たもので出来てるからです。ではどんな食事が理想なのでしょうか?ここではいくつかの食事療法を考察して健康について考えて行きたいと思います。

なぜ自分だけこんな病気や症状が出るんだろう?と思う事は誰しも有りますよね。多くの場合、その原因はあなたの食べて来たものに有ります。なぜなら今の体はあなたの食事して来たもので出来てるからです。ではどんな食事が理想なのでしょうか?ここではいくつかの食事療法を考察して健康について考えて行きたいと思います。

 

ポイント 食は運命を左右する

 

(1)どんな食事療法が有るの?

 

○糖質制限—–食事の糖質を極力制限する食事法。中性脂肪や体脂肪をエネルギー源として使うので短期間で劇的に痩せやすい。タンパク質の摂取量が増えるので腎臓系の疾患のある人は注意が必要。元々は糖尿病の治療法として知られる。

○グルテンフリー—–小麦に含まれるグルテンというタンパク質を避ける食事法。セリアック病や小麦アレルギーを示す人の食事法。

○ベジタリアン—–肉や魚を食べない

○ビーガン—–肉や魚に加えて卵・乳製品・はちみつも口にしません

○マクロビオティック—–全ての食品を陰陽に分け、自分の体質が陽性なら陰性な食品、陰性な体質なら陽性なら食品を取り中庸に近づける食事療法。玄米菜食中心。

 

(2)どうして病気になるの?

 

東洋医学において病気とは凝りや冷えが病気に繋がると考えます。もちろん遺伝的な病気や生まれ付きの体質なども有りますが、多くの場合、食べ物の偏りが特定の臓器に負担をかけて病気や症状が出ていると考えます。

 

(3)どうすれば病気を予防出来るか?

 

上記の食事療法のように自分の病気や症状に応じて自分に適した食事法を見つける事が非常に重要です。更に運動したり、入浴したり、マッサージを受けたりと凝りや冷えを溜めない努力をする事が大切です。また人の免疫において腸免疫は大きなウェートを占めており、断食による宿便出しをする事によって腸免疫の向上をはかっておく事も病気を予防するキーポイントになります。

 

まとめ

私は今まで体の内から食事で、体の外から整体で、更には断食によって腸免疫も向上させて病気になりにくい体、つまり究極の予防医学を目指して来ました。そして本当の健康とはどんな物を食べようともビクともしない丈夫な体だと思います。いくら体に良い無農薬の野菜だと言っても胃腸が動いてなければ何を食べても胃腸にはダメージになります。ですから胃腸に負担のかからないように冷たい物を控え、良く噛んで食べて強い胃腸を保つ事こそが病気になりにくい体を作る事になります。そしてその強い体こそが強靭なメンタルを作り出し、あなたの運命を良い方向へと導くのです。

アート治療院&整体スクール
宮本佳浩
https://www.ekiten.jp/shop_6059360/

注意 これはあくまで宮本式整体の考えである。