初めての人でもこれさえ覚えれば大丈夫!!ネイルサロンを選ぶ時の3つのポイント

ネイルサロンは、年々増え続けています。ネイルサロンに行ってみたいけど、どのように選べばいいかと迷った人も少なくはありません。そして、ネイルサロンに行ったことがある人で、想像してたデザインと違かった、、ということもあります。そこで、ネイリストKAEDE観点で3つポイントでまとめました。

こんにちは。

フリーランスネイリストのKAEDEです。

これから暖かい時期に入ると、服に合わせてフットネイルをされる人も多くなってきます。
そしてこのご時世なので、気分をあげるためや就職・転職を機に、ハンドネイルを始める人もいるのではないでしょうか。

そこで、自分でネイルをするのは面倒で不器用だから、ネイルサロンに行きたい!と思っても、ネイルサロンに行きたいけど選び方が分からない、、、なんてなることもあります。そしてネイルサロンに通ったことがある人なら、想像してた仕上がりと違かった、、と思うことも。

そもそもですが、ネイルサロンとは、爪のお手入れ全般を専門としているサロンです。
街中で見る路面店以外にもマンションや自宅の一室、美容室の一角などで営業するサロンもあります。

※https://nailbook.jp/article/84より

実はネイルサロンは、初めてネイルサロンが登場した約50年前から比べると、2018年までに28,150店舗まで増えています。今では、ネットで美容サロンが探せるホットペッパービューティーや、インスタグラム・ツイッターなどのSNSが主流になり、よりサロン選びがしやすいです。

そこで、ネイリスト観点で「ネイルサロンを選ぶ時の3つのポイント」についてご紹介します。

料金と場所

この2つは、ネイルサロンを選ぶ1番のキーになるのではないでしょうか。
その人によって、美容にかけるお金も違います。そして、今後通いたいなと思った時に、ご自宅から通いやすい方が嬉しいですね。

そしてネイルサロンの料金は、その店舗によって異なります。そこで、店舗相場を分かりやすくまとめた表を、見つけました。

※https://context-japan.co.jp/ryokin/nail-salon-9515.htmlより

こちらの表を見ると、ジェルワンカラー(1色塗り)の場合は料金が一番安かったのは、FAST NAILで3,850円(税込)、一番料金が高かったのはukaで13,200円(税込)となります。

ここでの料金の違いは、大きく分けて2点になります。

①施術時間
FAST NAILはチェーン店で、回転率を重視しているサロンになります。仕上がりよりとにかく早くネイルを終わらせたい人におすすめです。
②使用しているジェルのメーカー
もちろん、そのサロンによって使用しているジェルネイルは異なります。例えば、以前に記事でも書いた「パラジェル」というベースジェルを使用するサロンは、値段が上がります。理由は、本来ジェルを塗る前に自爪に凹凸を付けるのですが、ネイル業界初の爪を傷つけない通常より高級なベースジェルだからです。

「パラジェル」って何!?今ネイル業界で注目を浴びているベースジェルが凄すぎる!!

もしアートしたりパーツをつけたいとなると、アートなら時間がかかりパーツは追加料金発生するため、値段が高くなります。

サロンのデザインの売りをチェック

まずは、お店のホームページやブログ、インスタグラム等で見て、実際のネイルの写真を見るようにしましょう。

ネイルデザインが、自分の好みと合っているか?デザインやアートは上手か?ということを重視して、過去にそのお店で施術された方のネイルの写真をチェックすることが大切です。

ネイルデザインは、ワンカラーネイルを含めて約30種類ほど出てきてます。せっかくお金を払ってネイルをするなら、自分好みのデザインをしてくれるサロンを選びたいですね。

ちなみに私のサロンは、ワンカラー・オフィスでもOKなシンプルなデザイン・ニュアンスネイルを売りにしてます。

ネイリストの人柄

ネイリストの相性の良さもあります。これはネイリストに関わらず、初めて会った人や職場の人などでもあり得ることです。

私の場合は、笑顔と明るさをモットーにしており、お客様に元気を与えられるような接客を心掛けています。そしてお話も好きなので、楽しい時間を過ごしていただけるよう、ネイルなどの知識やノウハウもお伝えできるようにしてます。

ネイリストの好きなものなどは最初にお伝えした、ホットペッパービューティーや、インスタグラム・ツイッターなどのSNSを見ると分かります。

まとめ

ここまで、ネイルサロンを選ぶ3つのポイントについてご紹介しました。

この3つのポイントを踏まえて、ネイルサロンを探せば、自分にあったサロンを探しやすくなります。ネイルサロンの定義は人それぞれだと思いますが、いざネイルサロンを探される際に、少しでも参考にしてもらえれば嬉しいです。

次に気になるのが、ネイルのデザインの選ぶ方になります。また別記事でご紹介します。

 

【関連記事】

ジェルネイルの持ちの秘訣、教えます

手軽にできるジェルネイルとは?

女性がネイルをしている理由

 

【ネイリストKAEDEのSNS】

ネイルを中心にその他豆知識や日常を発信中!!

📷Instagram:instagram.com/nail_kae20

✍️Twitter:https://twitter.com/Ish96k0