素直に謝ることは、コミュニケーションを円滑にする

自分が何かミスをしたとき、素直に謝っていますか?プライドが邪魔したり、意固地になって謝っていない場面をよく見かけます。そうではなく素直に謝り、コミュニケーションを前進させていきましょう。謝ることは、物事を前進させるコツです。

こんにちは、業務整理コンサルの里山です。

仕事を進める上で、失敗は付き物。
失敗をしたときに、犯人探しをするわけではないけど、自分が失敗をしたのであれば素直に謝るのが得策。

だけど、失敗をしたら謝るとか、何故失敗をしたかの原因を言うとか、ちょっと言い出し辛かったりしますよね。
その気持ちは痛いほどにわかります、わかりますが言った方がいいんです。

仕事ができる人は、失敗は認めて謝り次に進むスピードが早い。
謝ることの良さについて、書いていきたいと思います。

謝ることで誠意が伝わる

素直に謝る姿勢が 、自分の誠意が伝わる一番の姿です。

ただし、相手が求めている誠意というものをしっかり把握することも大事です。

というのは、ただただ謝ればいいというわけではなくて相手が何を求めてるかをしっかり把握した状態で、それに合うように謝るということがポイントです。

例えば、謝ってほしいというだけではなくて、なぜミスをしたのかを説明して欲しいという人もいるでしょう。
その場合は、ミスをした理由をしっかりと説明することが相手に対する誠意につながります。

逆に、謝らないと不信感しか生まれない

意地を張ったり、プライドなどで謝らない場合はどうなるかというと当然相手からの不信感しか生まれません。

小さい頃に自分がミスをしたら謝りましょうと習ってきたにも関わらず、大人になってからプライドが邪魔をして謝らないとか、意地を張ってしまって謝るタイミングを見失ってしまうなど、そんな局面をたまに見かけます。

頭ではわかっているもののついついやってしまいがちなことかもしれません。

謝るのではなく改善点だけを言ってそれが誠意として伝わっていると思っている人も多い印象を受けます。

誠意の伝わる謝り方

誠意の伝わる謝り方はどのような謝り方でしょうか?

まずはすみません、ごめんなさい、失礼しましたなどと謝ることが第一声かなという風に思います。
そして、相手が何を求めているかを把握してそれに会うような行動をしっかりとりましょう。

例えば物を壊してしまった、だからお金を払います、というシーンの場合お金を払えば解決するかと言うとそういうことではなくて、単純にごめんなさいの一言が欲しいということもあります。それをお金を払うだけで解決してしまおうとすると認識齟齬が生まれてしまい、軋轢を生んでしまうこともあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

自分自身の過去の行動を振り返ってみて、素直に謝れているでしょうか?それとも意固地になって謝ることなく改善点だけを離して次に進んでしまっていることはないでしょうか?

今一度自分自身の行動を振り返り、もし何かミスをしてしまった場合には 素直に謝るということをしてみましょう。

謝ることはコミュニケーションのひとつです。それが仕事を円滑に進める場合もあります。