日常にも役立つ!オンライン飲み会のホストで得られるスキルとは?

少人数から10人以上の会まで、数多くオンラインスナックやオンライン飲み会を開いてきた私がお伝えしたい『オンラインホストをすることで高められるスキル』。オンライン飲み会だけでなく、日常生活にもバッチリ役立ちます。これを見ればきっと参加側だけじゃなく、ホスト側に回りたくなってくるはず!?

こんにちは!

保育士、コーチ、PRのお手伝い、産婦人科併設レッスンスタジオの企画・運営をしているパラレルワーカーのともみんです。

お酒を飲むのが大好き!現在は、月に1度オンラインスナックを主宰しています。

オンラインスナックを主宰する前はオンラインの飲み会を少人数から10人以上の会まで、数多く企画してきました。

そんな私が思う、オンライン飲み会のホストをすることで高められるスキルについてお伝えします。

 

場を回すスキルが高まる

オンライン飲み会では、場を仕切ったり場を回す力が必要になります。

なぜかというと通常の飲み会と違い、一方向から音声が聞こえる仕様のため、参加者が一斉に話すと収拾がつかなくなるからです。

そのため、ホストが上手く場を仕切っていく必要があります。

最初は、話を割っていくのもなんだかなぁと思いましたが、一人の方が長く話していると他の方が話せなくなってしまいます。

ですので、やむを得ず間を見つけて一旦ストップを掛けるようになりました。

また、話しにくそうにしている方へはこちらが話を振ることも大切です。

出てきた話から参加者の方に関連する話題の方がいないか巡らし、いらっしゃる場合はすかさずその話を添えて返します。

そうすることで話しにくそうにしていた方も、関連の話題がある方も双方に親近感を感じてもらうことができ、和やかな雰囲気となります。

いかに、参加者の方に楽しんでもらえるか、そこに意識があると完璧とはいかなくても場を回すスキルは高まります。

 

人と人とを繋ぐスキルが高まる

オンライン飲み会のホストをしていると人と人とを繋ぐスキルが高まります。

なぜなら、会のほとんどはホストを中心に人間関係が広がっているので、ホストが起点になりさらに人間関係が構築されるからです。

仮に、参加者の中にAさんとBさんがいるとしましょう。

Aさん、Bさん同士ははじめましての状態です。

二人とも、もちろんホストとは繋がっています。

そこの間にホストが入り、話題を振ることでAさん、Bさん同士を繋ぐことができます。

このようなことが繰り返されていくので、自然と人のご縁を繋いでいく役割をしていきます。

回数を重ねれば重ねる程、よりスムーズに参加者同士を繋いでいくハズです。

こうして、人と人とを繋ぐスキルが高まっていくのです。

 

 

臨機応変に対応するスキルが高まる

ホストをすると臨機応変に対応するスキルが高まります。

なぜなら、入室の許可を出したり全体管理をしているからです。

基本的にzoomの待機室は有効になっているため、主宰が許可をしないと入れないシステムになっています。

そうなると、否応なしに誰が入ってきているかに意識が向くことになります。

また、関係のない音声で会話がさえぎられるような時には、ミュートにしたり、参加者の行動次第では画面オフにしたりして対応していきます。

こうして、全体や個人も見つつ対応を重ねることで、臨機応変に対応するスキルが養われます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オンライン飲み会のホストをすることで高められるスキルについてお伝えしてみました。

一見、企画や運営をすることは面倒なことのように思うもの。

しかしながら、上で挙げたようなことが高まるとなれば、メリットの方が大きいように思います。

このスキルは日常生活の中でも、役立ちます。

参加する側でも充分楽しめますが、ぜひホスト側に回ってメリットを感じてみてくださいね。

ちなみに会後は、参加者の方同士がSNSでもしっかりやり取りできるようフォローもしていたりします。

オンライン飲み会に関する他の記事はこちら

移動ゼロ!コスパ最高!オンライン飲み会はメリットだらけ♪

これを知っていればもう大丈夫!オンライン飲み会のホストのコツ!