爪を長くできると言えばこれ!!スカルプチュアをする3つのメリットとは?

ネイルをしていると必ず聞くワードでもある「スカルプチュア」。スカルプチュアと聞くと長さを出すものに使うイメージがありませんか?実はそれ以外でも使えるメリットがあるんです。そこで初めて聞いた人でもわかるようにスカルプチュアをするメリットについてまとめました。

こんにちは。フリーランスネイリストの KAEDEです。

前に今ネイルで主流になっている「ジェルネイルのメリット」について書きました。

誰もが1度はやってみたい!!そんなジェルネイルをおすすめする3つのメリット

 

おさらいにもなりますが、ネイルは3つのやり方で構成されています。マニキュア・ジェルネイル・スカルプチュアです。

今回紹介するのは「スカルプチュアのメリット」についてです。

スカルプチュアとは、付け爪や人工爪の1種で、アクリル樹脂と呼ばれる透明性の高い非晶質の合成樹脂やジェルを使って、爪の延長や補強を行う技術のことを指します。

スカルプチュアと聞くと、爪を長く見せる時にするものとか爪に負担がかかったりお金がかかる、後匂いがきついなんてイメージがあるかと思います。実は、ジェルネイルが流行る前はスカルプチュアがメインだったんです。ネイルを長くされている人は、スカルプチュアを経験してからジェルネイルをしたなんてこともあるかと思います。

ではスカルプチュアのメリットのついて説明していきます。

お好みの爪の長さに

スカルプチュアと言えばこれ!!とも言われている、自爪が短い人でも人工爪で自分好みの長さを出せることと形が作れるのが最大にメリットです。つまりスカルプチュアの醍醐味ですね。深爪でジェルネイルを諦めていたなんて人にももってこいですね。そしてジェルよりも硬いため強度もあり、自爪では限界だった長さもできちゃうんです。

やり方は、爪の上に土台となるシールを貼って、アクリルパウダーとアクリルリキッドと呼ばれるものを化学反応させて専用の筆を使って成形し、ファイルで削って形を整えて仕上げます。

【Nail DOLCE(ネイルドルチェ)】ネイリストが教えるジェルネイル、セルフネイルNavi All Rights Reserved.より

深爪の育成にも◎

実は深爪の育成にもスカルプチュアが使われているんです。最近では、深爪でお悩みの人や自爪を綺麗に伸ばしてからジェルネイルをしたいと考えている人のために矯正できる方法が出てきているんです。

爪は、ピンクのところ(通称ネイルプレート)が長いと綺麗に見えます。そのためには、爪の裏にある細菌が入らないように守ってくれる神経(通称ハイポニキウム)を伸ばす必要があります。つまり自爪を伸ばすと勝手にハイポニキウムが伸びるため爪のネイルプレートが伸びて爪の縦長に伸ばせるんです。その時に爪を保護してくれるものがあると自爪がすぐに割れず伸ばしやすいです。ジェルはあくまで液体なので、スカルプチュアの方が強度が出るため、深爪矯正には向いているみたいです。

そして、爪を噛んじゃう癖がある人“咬爪症(こうそうしょう)や咬爪癖(こうそうへき)と言います)”の矯正にも使われているんです。

※3分でわかる!爪のトラブルの理由とその解決方法より

爪のSOSに対応できる

爪のSOSとは、爪の亀裂や折れてしまった時に応急処理ができるんです。爪の亀裂は、その上からジェルを塗ると割れている部分が補強されていないため、ジェルが浮いてしまう原因になります。さらに亀裂が悪化してしまうこともあります。もちろん接着剤で亀裂を止めることはできますが、あくまで亀裂を一時的にくっつけているので、時間がたつと取れてしまう可能性があります。そこで爪の亀裂にスカルプチュアを使うことで、より強度に補強ができます。

後せっかく綺麗に爪を伸ばしても、折れてしまって手のバランスが悪く見えてしまうこともあるかと思います。その時にスカルプチュアを使えば、他の爪と合わせて長さだしができます。

まとめ

今回は「スカルプチュアのメリット」について3つのポイントに絞って書きました。

意外とスカルプチュアの方がジェルネイルよりも歴史が長くて、爪の長さ出しや矯正そして爪の亀裂や折れてしまった時に応急処置で使えるということが分かったと思います。

ネイルはそれぞれのメリットが違うので、その時に気分で合わせてネイルを楽しみましょう!!

 

【ネイリストKAEDEのSNS】

ネイルを中心にその他豆知識や日常を発信中!!

📷Instagram:instagram.com/nail_kae20

✍️Twitter:https://twitter.com/Ish96k0