コミュニケーションのコツ!話をしっかり聴こう!

コミュニケーションのコツは、相手の話をしっかり聴くことから。相手の話をしっかり聴いていますか?自分のことばかり話していませんか?わかっていても意外とできていない聴くということについて書いていきます。

今回は、コミュニケーションの観点でお伝えしていきたいと思います。

たくさん会話したつもりなんだけど、相手のことがよくわからないとか、わかったつもりになっていたとか、ありませんか?

相手が本当に望んでいることはなんでしょうか?

こう聞かれると意外とわからない人もいるかもしれません。

それは何故なのか?よく陥りがちなことだったり、今日からできる改善ポイントをお伝えします。

僕自身は、話すのが苦手だったところから、数千人の人と会ってきた中で改善を重ねてきてコミュニケーション力がアップしました。
その中で得たノウハウや経験からお伝えします。

耳を傾けてしっかり話を聴くべし

シンプルなことですが、相手の話をしっかり聞くということ。

わかっていることですが、意外とこれができてない人が多い。

人間は誰しも自分のことが一番であり、自分のことを知ってもらいたい、聞いてもらいたい欲が潜在的にあります。

ベタな話ですが、学校の卒業アルバムで一番に探すのはなんですか?
自分がどこに写っているか一通り探しませんか?
そう、なんだかんだ言って自分に一番興味があることが多いのです。

つまり、相手も自分のことを話したいと思っているので、それをしっかり聴きましょう。

リアクションをしっかりしよう

人の話を聞いているとき、真剣になるが故に顔が真顔になる人も多くて、聞いている感じはあるのですが頷くこともなく真顔だとちょっと怖い雰囲気があります。

ニコニコ、ウンウンを心掛けよう!と伝えますが、笑顔でしっかり頷くというリアクションをすることで相手も安心して話せます。

それどころか、ついつい話すことがなかったことまで話してしまうという、リアクションによって相手の情報をいつも以上に引き出せることがあります。

ニコニコすること、ウンウン頷くことは割とすぐできるんじゃないでしょうか。

質問をして話を掘り下げよう

ニコニコ、ウンウンが出来てきたら、次は相手の話に質問をしてみましょう。

質問はなんでも構いませんが、何を質問したらいいかわからないこともありますよね。

そのときは以下の3つの観点で掘り下げてみてください。
・きっかけはなんだったか(What)
・どうやったか(How)
・何故なのか(Why)

5W1Hで色々聞けると尚良いですが、まずは上記の3つの観点で聞くだけでも、相手は興味を持ってくれていると感じれますし、自分も相手の思いをより深く聞くことができます。

この3つの質問を武器にコミュニケーションをとってみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ついつい、自分のことばかり話してないでしょうか?
もしそうだとしたら今日から相手の話をしっかり聴いて、リアクションをして、質問をして掘り下げることを意識してやってみましょう。

コミュニケーションが円滑になることで、仕事もプライベートも想像以上に捗っていきます。

まずは自分が実践してみて出来るようになったら周りの人にもシェアしてみてください。
皆がコミュニケーション円滑になると素晴らしい状況です。