思考の整理の第一歩は、書き出すこと

「あれやらないと!これやらないと!」と気忙しくなっていませんか? 考えることがたくさんあってやることがなかなか思うように進まない人に是非見て欲しい。まずは書き出して思考の整理をしていきましょう。

こんにちは、個人や組織のマネジメント、課題解決サポートをしている業務整理コンサルの里山です。

「考えることがたくさんあってやることがなかなか思うように進みません。」

のような相談を受けることがあります。
皆さんも、あれやらないと!これやらないと!と気忙しくなることはありませんか?

この状況を打破するためにもちろん仕事でやるべきことはやるんですが、その前に時間を取ってやって欲しいことがあります。

それは、頭の中を紙に書き出すということです。
たったこれだけ。これをしてからやるべきことに取り掛かるのです。

紙に書き出すと解決することが多いのですが、やっていない方が多いので書き記したいと思います。

頭の中が気忙しくなっているだけ

「やることがたくさんあって」とか「忙しいんです」と言う人ほど、紙に書き出していないことが多く見受けられます。

紙に書き出してみると、意外にも「あれ、これだけ?」となることもあります。

つまり、頭の中で、「あれもやらないと」「これもやらないと」と、頭の中でやること5個くらいがグルグルして、やることが堂々巡りしてやることが満載に感じられるケースがほとんど。

頭は覚えるために使うのではなく、考えるために使うこと、と独立する際にずっと教わってきました。
仕事ができる人ほど頭は考えることに使っています。

見える化できるので状況がわかる

頭の中や自分の状況を紙に書き出すだすことで、周りの人からしてもあなたの状況が手に取るようにわかるようになります。

困っているのか困っていないのか、何を考えているのか、などがパッとわかるようになります。

昔も今もそうですが、僕は複数プロジェクトに携わることが多く、プロジェクトリーダーからすると僕が入っている他プロジェクトのことはわからないので、僕が大変なのかどうかがわからないのです。
それをしっかりこれだけ僕は業務やってますよ!とか、残り稼働できるのはこれくらいですよ!と見える化しておくと、相手も安心して僕へ任せれる業務の判断もつきます。

テキスト化や図解することでわかりやすい

頭の中にあることを喋るのはできるけど、資料化するのが苦手という人もいます。

綺麗に書かなくてもいいので、頭の中にあることを、テキストでも図や絵でもいいので書き出してみましょう。

そうすると伝わることが一気に増えます。
人は声という音だけではなく、テキストや図・絵など視覚的に訴えることで理解度が倍増します。
同じことを言っていても見えるものがあると理解が深まりやすい。

どうしても資料化が苦手な人は得意な人とタッグを組んで、資料化してもらうようにしましょう。仕事が格段と進みます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
紙に書き出すという行為、意外とやってなかったかもしれませんね。

これを機に、仕事に取り掛かる前に紙に書き出すということもやってみてください。

覚えなくていいことは紙に書き出してそれを見たらわかるという状況にしておくとよいです。

以前に書いたタスク管理術のことにも繋がってきます。是非こちらも参考にしてみてください。
https://rim.guildproject.com/column/4554/

大きなホワイトボードがある方は、ホワイトボードへの書き出しもOK!
https://rim.guildproject.com/column/6136/