テレワーク時の業務効率化は、家事の時間増加に繋がる!

最近テレワーク・リモートワークが増えてきて、家と仕事の境目が分かりづらく、上手く切り分けられない人もいるのではないでしょうか? 今回は仕事を速く終わらせることで、家事の時間が増えたらという観点で書いていきます。

普段はフリーランスのプログラマとしてゲーム制作に携わっている、エルと言います。

今回は業務効率化をすることでどんなメリットがあるのか?について書いていきます。
仕事をする上で、一番気になる部分は、どれだけ楽が出来るか?ということだと感じています。

僕自身プログラマとして働いているので、どれだけ楽にできるかを常に意識しています。

「楽にできる」というのは、サボりたいということではなく、人が手を動かさずに作業出来るような部分は、極力ボタンを押すだけで終わるように仕組みを作る。といった意味合いになります。より新しいものを作るために、時間というリソースを割けることが可能になるためです。

テレワークが導入され、自宅で仕事をすることが増えてきたので、スキマ時間をうまく使って家事もできます。
仕事を効率的に進めることで時間を作り、たまりがちな家事を消化していけば、公私共に充実するのではないでしょうか。これは会社に出社する場合でも同じで、効率的に仕事を進められると、別の作業に時間を使う事が出来てきます。

実際に試した時に実感してくるものなので、是非試してみてください。

 

業務効率化をすることで自由時間が増える

仕事を効率化することで、自由な時間を増やすことが出来ます。

会社での仕事になると、一日の稼働時間は決まっています。
スケジュールが決まっていれば、その日に対応するべきタスクが明確になりますし、その時間内で今日の分が終わってしまえば、前倒しで次の仕事を進めることが出来ます。

そんな時は、前倒しする代わりに家事をしてみてはどうでしょうか。
そんな時間がより多く取れたら、僕自身とても趣味にかけられる時間がより多く確保出来るため、とても良いなと感じます。

そこで短い時間でも同じ成果が得られるのであれば、今ボトルネックになっている問題点などを洗い出すことが大事です。
例えば、ルーチンワークで同じ作業を繰り返すため時間がかかる。や、現在利用しているツールの特性上手間がかかる場合などです。
そんなルーチンワークの部分は、エクセルでマクロを作り、ボタンを押したら終わるようにする。別の便利なツールを採用することで、今までかかっていた手間を減らすことで解決できる場合があります。

そういった新しい技術やツールにもアンテナを張っておきたいところです。

 

ノウハウはお金で買える

社内の人材で仕事をこなすのも良いですが、外部の人間を使うのも一つの手です。

どうしても社員だけでは対応しきれない量・難易度の仕事が出てくることは、日常茶飯事です。

その会社が目指しているところによっては、今までより努力が必要であったり、現状の社内の経験では難しいという仕事もあります。その仕事をこなすために必要な情報を集める時間であったり、勉強の時間も出てきます。

そんな時に社外の経験者を使う事で、より速く会社にノウハウが溜めることが出来、成長していけるという側面もあります。
そんな時は既にその業務を経験しており、ノウハウを持っているような協力会社の人材や、派遣・業務委託の人材で補いましょう。今まで社内になかった知識やノウハウを取り入れることで、一から学ぶより早く成果を作っていけます。

もちろんお金が掛かる話のため、ケースバイケースです。一時的とはいえ人材を雇うため、仲介する会社の手数料+雇う方の人件費がかかる形となるため、どうしてもお金がかかります。
どうしてもこの仕事は外部から雇った方が良い!と納得できる資料を用意することも大事になってきます。

社員の教育時間や作業のミスマッチ等を防げる利点もありますので、他の雇う事で解決するというのも、仕事の量や難易度、現在のメンバーの実力などを勘案しながら考えたいところです。

 

業務効率化や外部リソースの活用の知識を元に、家事を効率化しましょう

効率化を続けて、仕事に対応する時間を短くすることで、資格取得などの自身のスキルアップに時間が掛けられたり、チーム内のコミュニケーションが増えることで仕事がしやすくなったりします。

仕事に追われていて、そういった時間が取りづらいという人を多く見て来ました。その原因は、単純に仕事量が多かったり、進め方に改善点があったなと感じます。実際に僕自身そう思った経験があります。
仕事が忙しいという理由で、そういった大事にしたい部分が疎かになってしまうのでは残念です。

仕事となると、家事の両立がどうしても課題になる場合があります。例えばお子さんがいる場合、必然的に一緒に過ごせる時間が増えることになります。そこで仕事を効率化し、速く終わらせることで大事にしたいお子さんとの時間を作ることが出来ます。その結果家事も早く取り掛かれ、お子さんの成長に時間を掛けることが出来たりと良い点もたくさんあります。

 

まとめ

実家で両親が家事全般すべてやってくれたり、よほどのお金持ちで家事手伝いを雇っている場合や、家事代行サービスで全部を任せていることがない限り、自分の人生と家事は切っても切り離せません。(当たり前ですが)

仕事を効率化することで、今まで余分に使っていた時間が空く事になります。そこでその空いた時間を更に成長の時間にしたり、プレイべートで大事にしたい時間に使う事で、効率化する前と比べてより充実した時間にすることが出来ます。

そんな状態になる第一歩として、今回の記事が役に立つといいなと思っています!

 

 

システム、サービスの導入や、サービス間を連携するプログラムの作成などを通して業務効率化を行っており、様々な効率化事例から業務効率化を代行する「カワリニ」というサービスを展開しています。

お問い合わせは無料で対応させていただいていますので、専門の方がいらっしゃず、どうしたら良いか分からないなどお困りの場合は、お気軽にお問い合わせください。