仕事が辛い?解釈を変えて仕事を楽しもう!

仕事は辛いと感じていますか?辛いと感じる時は、何をしても辛いものです。しかし、考え方を変えることで、意外と楽しめるではないでしょうか?今回はそんな解釈を変えることで、少しでも楽しめたらという内容にしています。

普段はフリーランスのプログラマとしてゲーム制作に携わっている、エルと言います。

今回は仕事をゲームっぽく考えることで、もっと仕事が楽しくするコツをご紹介します。
皆さんは今の仕事を楽しくこなしているでしょうか?

よほど天職と思える仕事に就いていない限り、辛いと感じる場面が多いと思います。仮に天職だと思っていても、やりたくない仕事も必要に応じて対応する必要が出てきたりと、大変だと感じることもあるはずです。

結局、どう物事を捉えるか。という部分で、かなりモチベーションに影響するなと実感があるため、せっかく時間を費やしてやることであれば、楽しく出来たらベストだなと僕自身思っています。

そこで、今回はどういう考え方になっていれば楽しく出来るのか?について書いていきます。

 

自分の趣味に当てはめる

もしかしたらよく聞く話かもしれませんが、今こなす仕事を自分の趣味に関連付けることで、楽しみながら進めていくというものです。

趣味に費やしている時間を過ごしているときは、楽しい時間になっているはずです。
またやりたいなと思いますし、もっとこうしたらいいのでは!という改善案も出てきているではないでしょうか?

僕の場合はゲームをすることが趣味なのですが、RPGを遊んでいるときは、最初に強い武器を揃えてレベルも上げた状態で、途中にいるボスをボコボコにするのが好きです。
準備する時は大変ですが、倒すときは一瞬になります。

仕事も似たようなことが起きます。

実際に成果として数字等に表れるのは一瞬ですが、その成果を作る段階に置いては地味な作業の連続です。
そんな時に、ゲーム感覚でやるためにも考え方を少し変えて趣味に当てはめてみましょう。

 

趣味に当てはめる際は具体的にする

実際に趣味に当てはめる際、具体的であればあるほど関連しているなと感じることが出来ます。
僕の場合はゲームで例えたので、レベルがあってパラメータがあって、プロジェクトのメンバーは仲間だと思う事がイメージ付きやすいです。
しかし、趣味がスポーツという人が仕事で事務のような場合は、どうイメージすればよいのか?となると思います。

そんな時は数字に表すと、分かりやすくなります。
具体的に達成する数字や、こなした仕事量などで関連付けることで、意外と共通点が見つかる場合があります。

特にこなした数でレベルアップする!となると、どんな事にも共通する事と感じています。
やった数だけ成長も実感出来るため、最初は数をこなし、効率を上げていくという考え方がオススメです。

 

関連付けが意外と難しい

最初はどう関連付けるのが良いか分からない場合が多いので、とりあえずで似たものに例えるとよいです。
今までキツイなと感じていた仕事と、楽しいと感じていた趣味のどこか一緒なのか?と疑問に思うかもしれません。
そんな時でも、1回当てはめてみて、違うと思ったら変えてみる。という試行錯誤をすることで、徐々に精度が上がってきて同じだと感じるものが出てきます。

また目標の数を決めるのもオススメです。先ほどもやった数が最初はオススメと書きましたが、その際に目標数を決めてやることで自分はレベルアップする!と考えるのが、一番良いかと思います。

事実仕事のスキルとしても上がっていきますし、会社や上司・同僚からの評価も変わってきた時に、仕事は楽しいと感じることが出来るはずです。

 

まとめ

今回は変わった視点で仕事を捉えてみました。
実際に仕事を楽しいと感じながらこなせるようになると、仕事で使うスキルの上達スピードも各段に速くなります。

どんな事にも愚痴を言いたくなる時もあると思いますが、そんな時は捉え方を変えることで自分の感じ方をコントロール出来るようになると、今まで楽しめなかったことも楽しく感じてきます。

楽しみながら自分がより仕事をこなせるようになった時に、今まで見た景色とは違う光景が見れた経験があります。
今伸び悩んでいたり、仕事が面白くないと思っていた方は是非試していただければと思います。