【髪サラサラ】ドライヘッドスパニストが酢リンス使ってみた

”酢リンス”をご存知ですか?お酢のチカラで髪の毛がサラサラに、頭皮がさっぱりする優れもの♪褒められ髪になりたい方にお手軽な酢リンスをご紹介します♪

こんにちは★

ドライヘッドスパサロンオーナー兼セラピストの”かめみか”こと亀井美香です。
ドライヘッドスパニストとして日々多くのお客様の頭皮や髪を触れる仕事をしてます。

そんな私が最近お客様から「髪の毛サラサラ!」と言われることがあります。
もともとはカラーやパーマの繰り返しでバサバサになっていた私の髪の毛。
今回は髪を褒められるようになった私のケア方法をこっそりお伝えします。

実は私、お酢でリンスをしています!!
通称酢リンスです。

この酢リンス、
髪の毛をサラサラにしたい方
頭皮をさっぱりスッキリさせたい方にオススメなんです。

酢でリンスってどうゆうこと??という方のために
その効果と酢リンスを2週間続けてみた感想をまとめてみました。

酢リンスの効果とは

肌は弱酸性が良いと聞いたこはありませんか?
実は髪の毛も弱酸性がキレイな状態と言われています。
髪の性質には酸性・中性・アルカリ性とpHバランスがあります。
中性よりやや酸性よりの弱酸性の状態が健康的な状態です。
しかし、カラーやパーマすることで髪はアルカリ性に傾いてしまいます。
アルカリ性に傾くとキューティクルが開いてしまい、ツヤや手触りが悪くなります。
そこで酢の力を使ってアルカリ性から酸性戻します酸性に傾くとキューティクルを引き締め髪のサラサラにしてつやを出す効果が期待できます。
また、お酢には殺菌・消臭効果があり頭がスッキリする効果があります。
頭皮がべたつきやすい方にはオススメです。

酢リンス作って使ってみた


酢リンスは簡単に作ることができます。
《作り方》
洗面器いっぱいにお湯を張る。(1リットル程度)
②お酢を大さじ1入れよくかき混ぜる。
③洗面器にそのまま頭皮をつける、またはバシャバシャと頭にかけて2~3分置き洗い流す

※注意点
・お酢は砂糖不使用なものを使う!
・においが残らないようしっかりと流す!

使用してみた個人の感想としては、スッキリ感がやみつきになりました。
私はメンソールのような刺激が強い爽快感が少し苦手なのですが、酢リンスはメンソールほど強い爽快感ではないもののほどよいスッキリ感。そして乾かした後の髪はサラサラな手触りでした。しっかりと洗い流せば香りもそこまで気になりません。

使い方はシャンプー→トリートメント→酢リンスの順です。
酢リンスに修復効果はないので痛みが気になる方はお手持ちのトリートメントの後に使うことをオススメします。

欠点は私は黒酢を使っていたので匂いを流すのに少し時間がかかりました。
また、お風呂場で黒酢の香りが漂うので毎度小籠包が食べたくなってしまいます(笑)
香りが気になる方はリンゴ酢がオススメのようです

酢リンス買って使ってみた

手作り酢リンスはサラサラになりますが、毎回作るのが面倒だったので市販のものを購入してみました!

イブロシェリンシングビネガー 

ドラックストアで1,000円前後で購入できます。私はラズベリーの香りを購入してみました。
《使い方》
シャンプー・トリートメントの後にイブロシェリンシングビネガーを頭からかけて軽く頭皮をマッサージしながら髪全体になじませ1~2分程度で洗い流します。

結論、これが最高でした。
トリートメントの最後に蓋をするような感覚で使用していました。
頭皮のほどよいスッキリ感、
乾かした後の手触りがなめらかでサラサラ、
そして酢の匂いが気にならない!!(これがありがたい!)
ラズベリーの香りはしっかりあるのでラズベリーが苦手な方は好みがわかれるかもしれませんが、私は気になりませんでした。
香りが3種類あるので、ラズベリーの甘さのあるの香りが苦手な方は爽やかなネトルやモリンガのチョイスがおススメです★

使い続けて2週間、バサバサ髪だった私が旦那にも髪サラサラと褒められました~!いえ~い!

まとめ

酢のチカラで頭皮をすっきり、髪の毛をサラサラにしてみませんか?
私は酢リンスを2週間使ってみた結果、髪の手触りが良くなりお客様や友人から「シャンプー何使っているの?」と聞かれるようになりました。なにより頭皮のほどよい爽快感が心地よく、ストレス解消になっています
時間がある方は手作り酢リンスを、面倒な方はドラックストアやネットで購入できる市販の酢リンスでぜひお試しください♪