明日から誰でも簡単にできる!健康・体型維持の裏技「水を飲む」メリットについて

私は昔、水を飲むことが嫌いでした。味が付いていないと水分を摂取した気がしなくて。ある時、偶然健康的にスタイルをキープしたいために見つけたのが「水を飲むこと」でした。水を飲むことが大事だと分かっていてもその良さが分からないと中々実行しにくいと思います。そこで今回ポイントを絞って書きました。

こんにちは。体型維持にストイックなフリーランスネイリストのKAEDEです。

私は、業種が美容関係ということもあり、ダイエットや健康について知ることが好きです。体型維持のためにしていることは、飲み物を「水」にして、1日に2ℓ飲むように心がけていることです。

ある時に急に代謝が悪くなり便秘気味になったことがありました。その当時は体型はそんなに太ってませんでしたが、代謝が悪くなるとお腹が張って痛くなることもありました。そこで偶然SNSで見かけた解決策の1つが「水を1日に2ℓ飲むこと」でした。

そもそも体は水と密接な関係があり、体の60%以上は水分で構成されています。私たちのカラダは、1日に2〜2.5リットルの水が必要だと言われてます。

正直水って無味なので、積極的に飲みにくかったりしませんか?私も最初は水はあまり好んでないどころか嫌いでしたが、代謝アップと便秘解消のために試したところお通じが良くなり、トイレに行く回数が増えて今では習慣化しました。

そのようなお悩みをお持ちの方は多いかと思います。そこで水を飲むことでたくさんのメリットがありますが、今回3つに絞って説明していきます。

代謝アップ!!飲むだけでいんです。

お水を飲む量を増やすことで、代謝がアップするきっかけになります。理由は水を飲むことで血行が良くなり、身体の各部分に栄養や酸素を運ぶスピードが上がるからです。そして細胞の活性化が早くなる、つまり代謝アップに繋がります。さらに代謝が上がると、エネルギー消費量が増えてカロリー消費量も増えます。そのため、水を飲むことでダイエット効果も期待できると言われてます。

これだけで水ってすげー!!っていうことが分かります。

便秘を解消してくれます

便秘は、水分不足により便が硬くなっている状態です。そのため身体に水分を十分に補給してあげることで、便秘解消になります。代謝が落ちて腸の動きが弱っていたとしても、水分を含んだ柔らかい便であれば排泄できる可能性が高いんです。

そして水だけではなく、食物繊維と乳酸菌をとるとより良いです。食物繊維は水分を吸収して便を軟らかくします。さらに便のかさを増やして腸を刺激し、ぜん動運動を活発にしたり、有害物質の排出を促す働きがあります。また、乳酸菌を取って腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることも大切です。

さらにアンチエイジング効果も

なぜなら水は体内のお掃除をしてくれるからです。そしてトラブルの原因となる「老廃物」等の有害物質も排出してくれます。

年齢を重ねるごとに細胞内の水分量は低下します。そのため、水分量を補い体内から潤すことで「肌荒れ」「小じわ」「くすみ」「クマ」などの防止に繋がります。若々しい身体を保つためには、水分は必要不可欠なんです。さらにカルシウムを多く含む水を摂取すれば、骨の健康も保たれるため、アンチエイジングにも。女性なら嬉しいですね。

まとめ

ここまで「水を飲む」と体にいいことについて具体的な理由も踏まえて説明しましたが、お役に立てたでしょうか。水を飲むだけでこんだけいいことがあるんです。

年齢問わず便秘に悩んでいる人、代謝アップをしたい人、そのようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。私は年齢を重ねても若々しく健康でありたいと思います。

今まで説明してきたことはあくまで持論になりますが、明日からすぐに試せる方法だと思うので、一緒に健康的になりましょう。

他にも体型維持でやっているので、気になる人はこちらを見て下さい。

これであなたも浮腫み知らずの美脚に!!知らなきゃ損!!な「ベルスキニー」

<

p class=”p2″>