レンタル執事

【トレンド】気軽に執事をレンタルできるレンタル執事サービスが女性に人気

テレビやYouTubeなどメディアで話題沸騰中の人気サービス『レンタル執事サービス』。なぜ、若い女性を中心にトレンドとして執事を利用しようとする人たちが増えてきているのか?一体、執事はどこまでサポートしてくれるのか?NGなお願いの仕切りは?現代社会に潜む承認欲求との関連性など、現役執事のベルが徹底的に解説していきます。

突然ですが、皆さん、執事って聞くとどんなイメージを持ちますか?

きっとシルクハットにタキシードを着た初老のアメリカ人男性が、お金持ちの家でご主人様の送迎をしたり、お嬢様のアフタヌーンティーの準備をしている光景が浮かぶと思います(笑)

そのイメージ通りの執事が、実は日本でも気軽に利用できることをご存知でしょうか?近頃では、特に20代、30代の女性を中心に利用客が増えています。

今回の記事では
・執事って、どんなことをサポートしてくれるの?一体どこまでお願いしてもいいの?
・黒執事みたいなイケメンの執事もいるの?
・本当にタキシードを着てやってくるの?

などなど、気になる疑問について、私が説明していきます。

ポイント
執事の利用をオススメする3つのポイント

レンタル執事とは

レンタル執事は、ユーザーの要望に応じて、基本的に何でもサポートしてくれるサービスです。。
(もちろん常識の範囲内のサポートに限ります。性的行為や違法行為はお断りされます。)

レンタル執事

レンタル執事

例1.執事の家事手伝い

例えば、日々の家事を執事にお任せしてみましょう。食器洗いや風呂掃除、めんどくさいですよね。そんな時には、執事が食器洗いやお風呂掃除はもちろんのこと、。料理、床拭き、ゴミ捨てなどなど、家事全般をサポートしてくれます。
普段見慣れた自分の家で、タキシードに身を包んだ執事が、テキパキと家事をこなす姿は、なかなか見応えがある光景です。

例2.ショッピングの荷物持ち

執事に買い物袋を持たせることだってできます。また、高級ブランド紙袋のオプションをつけて、買ったものをブランド紙袋に入れ替えると、まるで執事を連れて高級店めぐりをしているかのように、見栄えをよくすることもできます。また、荷物持ちだけでなく、服選びも執事に相談すれば、一生懸命に考えて提案してくれます。しょう。

例3.愚痴聞きや悩み相談も可能

だれかに話を聞いて欲しい時、執事があなたのそばにいます。現代では、仕事や私生活が上手くいかず、「承認欲求を満たしたい」と感じている人は数多く存在しています。
執事は、仕事の愚痴聞きや、人間関係の悩み相談も可能です。友達に愚痴ばかり聞いてもらうと嫌がられそうで話せず、ついため込んでしまっているという方は、執事を使っておもいきりストレス発散をしてみてはいかがでしょうか?執事は、嫌な顔ひとつせず、親身に聞いてくれます。

様々な容姿の執事を雇うことができる

執事の見た目を自分の好みにあわせてオーダーすることができるのも、オススメしたいポイントです。。たとえば黒執事のような若いイケメンの執事が好みの人もいれば、ダンディで渋いおじさまを所望する人もいると思います。レンアル執事は、そんなあなたのリクエストに最大限対応してくれます。

同じ執事をリピートし続けることもできれば、毎回違ったタイプの執事を利用することができます。
用途や目的にあわせて、執事を選べるという特徴もレンタル執事の面白いところですね。

レンタル執事

レンタル執事

気軽に自分の好きな時に呼べる

 

レンタル執事は1回3時間から依頼が可能で、単発で利用できることがユーザーが増えている大きな理由です。

例えば週末のイベントに執事を呼んで、招待客を出迎えるドアマンをしてもらったり、執事を一度に複数人雇い、大人数で自分の誕生日を祝ってもらったりなどといったニーズにも対応できます。

短時間の利用だけでなく、終日利用することもでき、自分の都合に合わせて、柔軟に対応してくれる素敵なサービスです。

レンタル執事2

レンタル執事2

まとめ

いかがでしたか?
レンタル執事は、想像されていたよりも気軽に利用ができる便利なサービスではないでしょうか。

気になる料金は、執事1名3時間で15,000円(税込み)+交通費となります。

ちょっとした自分へのご褒美として執事を使ってみるのも面白いかもしれませんね。

[ HP ] レンタル執事

ファミリーロマンス,family romance

株式会社ファミリーロマンス

https://family-romance.com/service/butler.html

 

>> 関連記事はこちら

仰天ニュース【世界最高峰】執事の養成学校「インターナショナルバトラーアカデミー」

【執事になりたい方】必見!執事職に就く意外な方法について

『いってらっしゃいませ、ご主人様』
執事のベル