パソコン仕事の方に★睡眠の質UPにドライヘッドスパが効果的な3つの理由

睡眠が不十分に感じることはありませんか?また、長時間のデスクワークで 肩こりが当たり前になっていませんか?どちらも当てはまっていたら睡眠の向上にドライヘッドスパが効果的です♪

こんにちは★

ドライヘッドスパサロンオーナーの”かめみか”こと亀井美香です。

長年患っていた不眠症克服し、現在はドライヘッドスパの技術で多くのお客様を眠りに落とすセラピストです。

 

突然ですが、

普段パソコン仕事をしている方で

睡眠が不十分だったり、朝起きれない、という事はありませんか?

実は、長時間のデスクワークが知らず知らずのうちに不眠の原因になっていることがあるんです。

そんな方には睡眠の改善にドライヘッドスパが効果的です。

 

そもそもドライヘッドスパとは、

ドライと名のつく通り、髪を濡らしたりオイルをつけたりせずに行う頭部のもみほぐしのこと。

「濡らさないヘッドスパ」ともいわれています。

ドライヘッドスパは主にリラクゼーションサロンやドライヘッドスパ専門店で受けることができます。

ドライヘッドスパを扱うサロンは多く、大手検索・予約サイトであるホットペッパービューティーでは「ドライヘッドスパ」で検索すると5,000件以上のサロンがヒットします。

近年TVやYouTubeなどで紹介されることが増えたことから、人気が高まっていると言われています。

ではなぜドライヘッドスパが睡眠の改善に効果的なのか、3つの理由を紹介します。

 

首肩こりを緩和して睡眠の質を上げる

 

不眠の原因の一つに首肩こりがあげられます。

首肩こりの原因はさまざまありますが、

原因の代表的なひとつに、デスクワークにより長時間同じ姿勢続くことがあります。

同じ姿勢が続くと頭を支えている首肩が部分的に負荷がかかって血行が滞り”こり”の原因となります。

実はボーリングボール程の重さ(5~6kg)がある言われている重たい頭。

この頭を支えている首肩のこりを緩和することで睡眠の質が上がります。

 

ドライヘッドスパは、頭だけでなく首や肩もゆっくりとほぐすのが特徴。

頭皮から繋がっている首や肩の筋肉の緊張をゆるめ首肩こりの緩和へ導きます。

 

眼精疲労を緩和して睡眠の質を上げる

眼精疲労とは目の使いすぎから、目だけでなく全身にも疲れが生じること。

この原因は長時間一定の距離でパソコンやスマートフォンの画面を見続けることと言われています。

ポイントは目のピントを合わせる筋肉(毛様体筋)は、

遠いころを見るときは筋肉がゆるんでいますが

パソコン画面などを近くでみているときはぎゅっと緊張状態にあります。

この毛様体筋の緊張状態が続くことで疲労がたまり、眼精疲労となると言われいます。

 

この毛様体筋のケアにもドライヘッドスパは効果的といわれています。

また、目元を温めながら施術をしてくれるサロンも多くあります。

温めることで血行が促され眼精疲労に効果的です♪

 

自律神経が整えて睡眠の質を上げる

睡眠と深い関わりのあるのが自律神経。

筋肉の緊張が続きこりが続くと、血管や神経を圧迫させ自律神経が乱れる原因となります。

自律神経は、興奮状態の「交感神経」とリラックス状態の「副交感神経」があり、

このバランスが乱れることで不眠になってしまいます。

ドライヘッドスパを受けることで身体がリラックス状態になり、また首肩こりがやわらぐことで自律神経が整います。

自律神経が整うことでメンタルが安定し睡眠前にリラックスできる身体をつくることができます。

 

まとめ

 

長時間のデスクワークによって頭だけでなく首肩、目周りの筋肉が緊張しています。

睡眠の質を上げるためにはこの緊張をゆるめてあげることが大切です。

そして緊張をゆるめるためには、ドライヘッドスパがピッタリです!

ぜひ近所のサロンでドライヘッドスパを体感してみてください♪

目黒付近でお探しの際は、ぜひ当サロンもご利用くださいませ。