米国で3人に1人が利用する音声配信アプリ「Apple Podcast」とは?

これから音声配信を始める初心者に向けて、音声配信プラットフォームの代表格であるApple Podcast(アップルポッドキャスト)について特徴やメリット・デメリットを交えてご紹介します。

TwitterやInstagramが情報発信の主流になってきている中、音声配信サービスが注目を浴びています。なかには音声配信を始めたい、興味があるという方がいらっしゃると思います。

今回はそんな音声配信を始める初心者に向けて、音声配信コンテンツの1つであるApple Podcast(アップルポッドキャスト)についてご紹介します。この記事を読むと、Apple Podcastがどういったサービスなのかを知ることができます。音声メディアを選ぶ際の参考にしてみてください。

アプリダウンロードはこちら
iOS / Android

Apple Podcastは音声配信サービスの1つ

Apple Podcastは数多く存在する音声配信サービスの1つになります。まずは、「音声配信サービス」とは何かを説明し、次にApple Podcastはどんなサービスなのかを解説します。

そもそも音声配信って何?

音声配信とは、音声コンテンツをインターネット上に配信できるサービスです。ラジオがそのわかりやすい例です。ニュースや雑談などをする配信者がいて、携帯やパソコンを介してそれを聴く視聴者がいます。現在では、ニュースにとどまらず英会話やドラマコンテンツが聴ける音声配信サービスが出てきています。

以前は特定の人しか配信することができませんでしたが、だれでも簡単に音声配信をすることができる時代がやってきました。

Apple Podcastとは

Apple Podcastとは、インターネットを介して音声や動画を配信・視聴できるサービスの1つです。Podcastは「iPod」と「broadcast(放送する)」を掛け合わせたワードです。

Apple純正のサービスであるため、iPadやiPhoneをユーザーは初期からダウンロードされており、すぐに配信・視聴することができます。また、無料のコンテンツのため気軽に始めることができます。

Apple Podcastの特徴

アメリカでは3人に1人がApplePodcastを利用しているというデータがあり、日本でも利便性が注目を浴びています。

Apple Podcastで配信するメリットとデメリット、他のサービスとの違いを見ていきましょう。

メリット

  1. 簡単に配信できる
  2. マネタイズが可能
  3. リスナーとの距離が近くなる

それぞれについて詳しく見ていきます。

メリット1:簡単に配信できる

ApplePodcastは、既存のプラットフォーム”iTunes”を利用して配信するため、配信のハードルが低いことが特徴です。このような高性能な配信コンテンツを作ろうとなると莫大な費用が必要になりますが、プラットフォームはすでに存在しているためそういった心配はありません。

メリット2:マネタイズが可能

ApplePodcastはマネタイズが可能です。

Podcastをあなたの商品の広告として利用し、自身のサービスや商品を紹介して売り上げにつなげたり、スポンサーについてもらい、直接資金を獲得したりすることもできます。

このように使い方によっては、収入源にすることができます。

メリット3:リスナーとの距離感が縮まる

テレビやYouTubeで芸能人を見ると、果てしない距離感を感じることはありませんか?

これは私の体験談にも基づきますが、ApplePodcastで配信されるコンテンツを聴くとその配信者と対話しているような感覚になるんです。

リスナーは、聴覚のみであなたの声を聴くことができます。つまり日常会話同様、等身大のあなたを視聴者に伝えることができりのです。

よって、音声配信はテレビやYouTubeに比べてリスナーとの距離を近づけることができます。

デメリット

  1. 拡散されにくい
  2. コメント機能がない

それぞれについて見ていきましょう。

デメリット1:拡散されにくい

Apple PodcastにはTwitterやFacebookのようなプラットフォーム内の拡散機能がありません。

メディアを通して多くの人にコンテンツを届けたいという方は、いかに拡散されて視聴者数が増加するかがポイントになります。無名の初心者にとっては、少しハードルが高いかもしれません。

そのため他のメディアを通して、知名度を増やすことが得策です。

デメリット2:コメント機能がない

Apple Podcastにはコメント機能がついていません。

そのため視聴者の感想や評価を知ることが困難になります。

視聴者にどう届いたのかが把握しづらいため、自身で分析し改善していく必要があります。

他のサービスとの違い

Apple Podcastを他のサービスと比較すると、ユーザー数が多いという点に優れています。

AppleがiTunesという既存のプラットフォームを提供しているため、その安心感はとても大きいです。

やはりAppleが提供しているとなると、それだけでユーザーは既に確保されていて安心。音声の録音方法も簡単で、スマホの録音機能で音声を収録するだけでコンテンツを作成することができます。

また他の配信サービスに比べて圧倒的にユーザー数が多いという部分に特徴があります。

Apple Podcastの今後について

Apple Podcastは、Appleが提供しているコンテンツであるため比較的信頼度が高いサービスとなっています。また「いつでもどこでも気軽にそして無料で聴ける」という点で今後さらに利用者が増加していくでしょう。

まだApple Podcastを利用したことがない方は、一度利用しその利便性を試してみてください。いかに便利なツールかを確かめることができ、さらに今後伸びていく可能性があることを体感することができます。

まとめ

今回は、音声配信サービスApple Podcastについてご紹介しました。改めてApple Podcastの特徴をまとめると、

  • 無料で気軽に配信できる
  • 今後伸びる可能性がある
  • 拡散性に乏しいことが懸念点

となります。

以上のApple Podcastの特徴を踏まえ、他のサービスとも比較しながら配信するサービスを検討してみてください。

おまけ

ANO studioでは「これから音声配信をしていきたい」という個人から企業さんまでをゼロからサポートしています。

初期費用0円で、全てオンラインで解決するのでスタジオ代もかかりません。

専属のマーケティングコンシェルジュやデータ管理スタッフが付くので配信者は声を発するだけでOK。ご興味のある方はぜひサービスページよりお問い合わせください。

アメリカですでにバブル状態の音声配信市場は、日本ではまだ初期微動の状況。トレンドは迎えてからでは少し遅いのです。トレンドの波に乗るなら「いま」始めるべきです。