お年賀タオル

お年賀タオルを渡す意味

年始のご挨拶と言えば、お年賀タオル。 時代は変わっても文化は残り、お年賀の挨拶回りは、タオルが主流になりました。 年始にタオルを持参することは、相手企業を大切な取引先と考えているという意志表示になります。 お年賀タオルを渡す意味を考えてみましょう。

年始のご挨拶と言えば、昔からタオルが有名です。
歴史を辿ると、元々は、歌舞伎役者が、年始の挨拶周りに手ぬぐいを配ったのが発祥と言われています。
時代は変わっても文化は残り、お年賀の挨拶回りは、タオルが主流になりました。
年始にタオルを持参することは、相手企業を大切な取引先と考えているという意志表示になります。
お年賀タオルを渡す意味を考えてみましょう。

お年賀タオルのルーツ

お年賀タオルは、歌舞伎役者がご贔屓のお客様へ年始のあいさつ回りに
配った手ぬぐいが始まりと言われています。

後見人、今でいうファンの存在が欠かせなかった歌舞伎役者にとって、
自分のイラストや名前が入った手ぬぐいは、最大のファン限定グッズとも
いえたのかもしれません。

食べ物と違って日持ちを気にすることがなく、
長い期間、年始のご挨拶としてお渡ししても違和感のない手ぬぐいは、
お取引先との関係を重要視する日本の企業にとっても、
とても便利な挨拶周りの品となりました。

時代が流れ、手ぬぐいの需要が少なくなった現代では、
タオルへと変わりましたが、その心は受け継がれ、
日本の文化の象徴である【のし】をかけることで、
相手を敬い、心を伝えるツールとして、根強い人気を誇っています。

お年賀タオルを渡す意味

そもそも年末年始のご挨拶は、日本に古くからある習慣。

年末のご挨拶は1年間お世話になった御礼がメインとなる一方で、
年始のご挨拶は昨年に引き続き、本年もよろしくお願いします、といった
意味合いが強くなります。

最近では、年末はどの企業も繁忙期にあたることが多く、
年始にゆっくりとごあいさつ回りをしたほうが、
相手先にも好印象となる傾向が強いようです。

そんなときのご挨拶品として人気なのが、カレンダーやタオルなど、
会社にとっての必需品。

カレンダーを新年のご挨拶で持参したりお送りするのは
時期的に遅い場合も多いので、
そういった点でも、タオルはお渡しする時期を選ばず、
担当者ご本人で使っていただくことも、
会社の備品として利用していただくこともできる
とても便利なご挨拶アイテムと言えます。

実際にタオルを受け取る企業様からも、
手拭きや掃除用具としてなど、場所も取らず、あると便利なため
もらうと嬉しい、毎年もらう年賀タオルをあてにしている、と
いった声も多く聞かれます。

おすすめのお年賀タオル

白いタオルでも、のしがついていることで華やかになり、
日本らしい気づかい、おもてなしの心を伝えることができるお年賀タオル。

相手先様にとっても役立ち、
渡す企業側にとっても、きちんとご挨拶の気持ちを伝えることができる
お年賀タオルは、日本ならではの素晴らしいコミュニケーション文化と
いえるのではないでしょうか。

名刺を入れるポケットが付いているものであれば、
タオル自体に会社名などが入っていなくても、
ご挨拶する側のアピールもできるので、より効果的です。

年末年始は繁忙期でもあるので、どうしても忙しく
準備が間に合わないという方は、即納してくれる名刺ポケット付きの
年賀タオルを選ぶのがよいでしょう。

お年賀タオル
(参考:https://www.oroshistadium.com/shopdetail/000000001570/

この記事を読んだのが12月初旬であれば
年始までにまだ時間があるので、のしに印刷するのもおすすめです。
見た目が華やかになり、効果抜群です。


(参考:https://www.oroshistadium.com/shopbrand/onengatowel/)

 

お年賀タオルの魅力

日本の文化である、相手への思いやり、おもてなしの心を継承しているともいえる
年始のご挨拶品、お年賀タオル。

実用的でありながら、
お贈りする相手を選ばず、ご挨拶の心をきちんとお伝えできる
とても便利なアイテムです。

軽くて持ち運びしやすいのも、営業ツールとしては大きな魅力。

タオルへの名入れ、のしへの名入れ、名刺の封入など、
企業や営業担当のニーズに合わせて選ぶことができるのもポイントです。

さらに一度年賀タオルをお送りすると、
相手の企業様が、今年もタオルをもらえる、と期待していただけることが多いので、
営業ツールとしても武器になります。

お年賀タオルの魅力をぜみ見直し、活用してみてください。