コロナ対策に自己免疫を上げましょう!

コロナは空中に舞ったり、衣服に付いて色んな人に感染させ、感染しても症状の出ない人がコロナをばら撒きます。一方糖尿病のような疾患を持ってる人が感染するとあっという間に重症化してしまいます。ワクチンや特効薬の開発にはまだまだ時間が掛かると思われる中で自己免疫を上げる事がコロナで重症化しない為の大きなポイントで有る。

筆者は鍼灸師、整体師であり、世界中を旅しながらその土地の人々を治療する「放浪する治療家」である。ほぼ毎日何かしらの治療を受け、世界中の様々な治療を受けて来たからこその視点で、現在問題となっているコロナウイルスへの対策を考えてみようと思います。

世界中でコロナウイルスが猛威を振るう中、手洗いやマスクの着用、自粛以外に、これと言った有効な対策が中々見つかっていません。コロナウイルスは空中に舞ったり、衣服に付くことで、感染し、感染しても症状の出ない人が更にコロナウイルスをばら撒くと言われる。特に糖尿病のような疾患を持ってる人が感染するとあっという間に重症化してしまう例も有る。

ワクチンや特効薬の開発にはまだまだ時間が掛かると思われる中で自己免疫を上げる事がコロナで重症化しない為の大きなポイントで有ると考える。

では自己免疫を上げるにはどうしたら良いのだろうか?

筆者独自の東洋医学的な観点から自己免疫を上げるポイントを見つけてみたいと思います。

ポイント 自己免疫を上げる事は最高のコロナ対策

(1)マッサージで自己免疫を上げる

一つ目はマッサージで自己免疫を上げる

我々は風邪を引くと発熱します。これは発熱し体温を上げる事がウイルスに対する最大の防御であるからだ。この体温を上げる為に有効な手段の一つがマッサージです。体が疲れて、凝り固まっていると、体温は低くなってしまう。海外の人の平均体温は37度と言われているが、35度台の日本人は少なく有りません。

特にコロナウイルスに感染すると、肺炎になり重症化する事が多いのでマッサージで肩周りをしっかりほぐして、コロナにかかっても重症化しない事が大切である。

またマッサージして、メンタルを整えることも効果的だと考える。コロナウイルスは目に見えないため、メンタルへの悪影響も考えられ、これが感染時に症状を悪化させる。そこでマッサージにより、特に「恐怖」の感情と関係する腎臓の経絡を刺激して、メンタルを強化しましょう。腎臓への刺激には足裏マッサージは有効である。このように、マッサージで高齢者のメンタルを強化すことで、どれだけ多くの方々が恐怖から解放され、コロナウイルスに対する免疫を上げる事が出来るでしょうか!

(2)体温上昇で、自己免疫を上げる

意識して体温を上昇させることで、自己免疫を上げましょう。

私は日本人の健康長寿に入浴の習慣が大きな役割を果たしていると考える。特に就寝前の入浴は一時的に体温を上げ、体温が下がる時に深い眠りへ誘う。この時に自己免疫力を上げてくれる。

コロナウイルスは非常に感染力が強いので多くの人が感染し集団免疫を持つしか無い。そのためには感染しても重症化しないように自己免疫力を高めることが大切である。体温が一度上がると免疫力は30%上がるとも言われている。入浴の他に生姜を食べたり、足浴したり、ウォーキングやスクワットのような適度な運動をするのもオススメである。

(3)食事や断食で自己免疫力を上げる

食事で免疫力を上げるために、1番重要なのは「砂糖」を控える事である。

砂糖は血液を汚し全ての臓器に悪影響を及ぼすと言われている。

また玄米は、免疫力をアップする最強の食材の一つです。食物繊維が多いため摂取すると腸免疫を改善します。

胃腸が弱くなければ、ぜひ普段の食事に取り入れてみましょう。

他にも断食による宿便出しによっても、腸免疫は大幅にアップします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コロナの感染力は非常に強く、特に高齢者は感染すると重症化しやすいので自己免疫を上げる事が大切です。

今回位の記事では、手軽にできる自己免疫力がアップする方法を紹介しましたが、この他にも自己免疫を上げる為に出来る事は沢山有ります。

これから秋に向けて第二波、第三波と続くであろうコロナウイルス対策として、自己免疫をドンドン上げて行きましょう!(効果には個人差が有ります)

 

アート治療院&整体スクール

宮本佳浩

https://www.ekiten.jp/shop_6059360/

注意 これはあくまで宮本式整体の考えである。