アンブレラ・スカイとは

ポルトガルのアゲタの芸術際を真似て、日本でも アンブレラ・スカイが展開されるようになってきました。

アンブレラ・スカイとは

ポルトガル中部の街アゲダ(Agueda)で、毎年夏に開催される芸術祭のイベントです。
2012年から始まり、 7月に行われる「アゲダグエダ」芸術祭の一環として、
空に傘を色取り取りの傘を敷きしめるのが有名です。
もともとは商店街を歩く人や観光客向けに日射病や熱射病の対策として、
日差しを避ける目的で導入されたとも言われています。
日本国内でも、八ヶ岳アンブレラ・スカイや軽井沢アンブレラスカイを始め、
国内でも2018年頃から、アンブレラ・スカイのイベントが開かれるようになりました。

アンブレラ・スカイの魅力

梅雨の季節は、どうしても気分もふさがりがちで、外に出るのも足が遠のきます。
そんな気分を、晴れやかにし、空に顔を上げるきっかけになるのがアンブレラ・スカイです。

2018年頃から、ポルトガルのアゲタの芸術際を真似て、日本でも
アンブレラ・スカイが展開されるようになってきました。
各地で色取り取りのカラービニール傘が飾られることによって、
空が色鮮やかに彩られる景色は多くの人の目にとまりました。

そして子供の頃、楽しかった雨の日を楽しめるイベントや展示として親しみをもって
各地に広がっていきました。

また、イベントだけではなく、少し広めの店舗でも色鮮やかなカラービニール傘を
天井につるすことによって、季節感を演出し、雨の季節を楽しむようになったのは
アンブレラ・スカイの魅力と言えるのではないでしょうか。

国内のアンブレラ・スカイのイベント

■メッツァ アンブレラスカイ・デザインプロジェクト2020
 https://metsa-hanno.com/event/6368/

■軽井沢アンブレラスカイ2020

 http://hoshino-area.jp/archives/11635

■縁雫アンブレラスカイ2020

 https://www.kankou-matsue.jp/event_calendar/desc/?event=44177

■城町アンブレラスカイプロジェクト

 https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/culture/224234

■Rainy-Sunny-Rainbow【天空を彩る「傘の森」】

 https://www.chibacity-ta.or.jp/notice/rainy-sunny-rainbow

アンブレラ・スカイをやってみよう

梅雨の季節は、気分も下がりがち、空を見上げる機会も減り、外に出るのが憂鬱になる季節。
そしてビジネスを行う上でも、雨は客足を遠のける要因になります。
そんな気分を吹き飛ばすようなイベントを企画している方は、
アンブレラ・スカイはおすすめです。

アンブレラ・スカイにもっともおすすめなのは、
カラフルなカラービニール傘が必要です。
そして、できるだけ多くの色で飾ったほうが、見栄えがします。

(参考:https://www.oroshistadium.com/shopdetail/000000003097/

ヨーロッパのポルトガルから始まったアンブレラ・スカイは、元々は商店街の人々が
客足が遠のく日差しが強い時期に、街が歩きやすいようにはじめたのがきっかけと言われています。
気分がふさがりがちな梅雨の季節のイベントの一つとして、
商店街や広場、ストリートだけではなく、もっと小規模でも、
店舗内だけでも、色取り取りの傘をつるすことによって
アンブレラ・スカイは行うことができます。
来店するお客様のために少しでも、気分が上がるイベントを開いてみるのはいかがでしょうか?