ウェブ広告のレポート作成を大幅に省力化できるレポート自動化ツール「アドレポ」

月額5万円(20広告アカウント分)から導入可能。省力化で空いた時間はもっとクリエイティブな仕事に!

負担になるウェブ広告のレポート作成時間を短縮。

 皆さんは、集客のためにウェブ広告を使っていますか?使っている場合、中間報告や、実施後の結果報告のためのレポート作成に、時間がかかっているのではないでしょうか?特に、複数の媒体を実施している場合、それぞれの媒体の管理画面にログインしてデータをダウンロードするのは、かなり時間がかかります。

 結果レポートを作成し、それに基づき、次の施策や対策を考えることは重要なこと。ただ、結果の数値を表やグラフにしてレポートを作ること自体は、あまり価値を生み出していません。できたら、そこはできる限り時間短縮して効率化したいですよね?

 そこで、利用したいのが、ウェブ広告のレポート自動作成ツール。ここでは「アドレポ」(イルグルム社)をご紹介します。媒体の広告アカウントを接続し、媒体、出力したい項目(インプレッション数、クリック数、など)、期間等を設定すれば、一括でレポートが出力できます。

主要な広告媒体はカバー。価格が安い


 アドレポと接続できる媒体としては、Google(YouTube含む),Yahoo, Facebook/Instagram, Twitter, LINE, Criteoなど、主要な広告媒体はほぼカバーしています。

  さらにこのツールのいいところは、費用がそれほどかからないこと。最低料金は月額5万円で、これで20広告アカウントまで利用できます。そのあとは、10アカウントを追加するごとに5,000円追加となります。

BigQueryにデータを出力、BIツールに出力もできる。


 レポートはエクセルで出力できる仕組みになっていますが、出力方法はそれだけではありません。月に1万円程度追加料金を払えば、データをBigQuery(グーグルのビッグデータ用データベース)に流してくれます(BigQueryの費用は自社負担)。

  そうすると、BigQueryからグーグル・データポータルやTableau, DomoなどのBIツールに出力することができ、ほぼリアルタイムで広告の成果を確認できます。こうなると、場合によっては定期的にエクセル等でレポートを作成する必要もなくなり、さらに省力化ができるようになります。

まとめ

 企業のウェブ担当者の主な仕事は、施策の結果を報告することではなくて、結果に基づいて、効果的な施策や対策を考え、実施すること。「アドレポ」等の広告レポート自動作成ツールを使って、広告レポートの作成業務は思いっきり効率化しましょう。

  そして、戦略の立案、コンテンツの作成、広告の製作など、もっとクリエイティブな仕事に自分の時間を割きましょう。

アドレポ(イルグルム社)
https://ad-repo.com/