普通に、正直に、自分のことを公開して多くのフォロワーの信頼を得るYoutuber マナブさん

ビジネス系Youtuberランキングでも上位に入る44.4万フォロワーは地道な努力の結果

フォロワー数はすごいけど、もとは普通の人

 
 マナブさんは、会社に頼らず個人でお金をどう稼ぐか、副業はどのようにやったらよいかなどの情報やノウハウをシェアして、非常に人気を得ているYoutuberです。Youtuberのカテゴリーとしては、ビジネス系に属する人です。フォロワーは現在、44.4万人います。

 
 芸能人やエンタメ系のYoutuberであれば、もともとテレビなどで知名度があったり、内容がおもしろおかしかったりして、かなりのフォロワーがいる人もいると思います。ただ、マナブさんは、もとは普通のサラリーマンをやっていた人です。そのあと、自分の将来に疑問や不安を感じて、会社を辞め、ブログのアフィリエイトなどで生活をするようになり、最近Youtubeを始めた人です。つまり、本当に普通の人が、地道に努力して、試行錯誤のうえ信頼を得て、多くのフォロワーを集めるようになったのです。

包み隠さず、自分のことを正直に公開して信用を得る

 
 マナブさんのすごいところは、自分の過去の経歴、失敗、今やっていること、その結果などを正直に公開していることです。例えば、今どのような方法で、いくら稼いでいるかなども公開し、場合によっては、銀行の通帳まで公開しています。

 
 自分の情報を公開すること自体がいいわけではありませんが、なんせ、胡散臭い人間や手法が跋扈する世界ですから、信用を得るには非常に役立っていると思います。マナブさんのフォロワーは、「彼にいうことに嘘はない」と信じていると思います。自分に都合のいい情報のみ公開してたら、いまのような信用は得られていなかったかもしれません

ネタをどんどん考えるので、更新頻度が高い

 
 現在、マナブさんはほぼ毎日動画をアップしているようです。これもそのこと自体を見習うべきとは思いません。ただ、動画のコンテンツを考え、それを高頻度で公開している実行力はすごいと思います。
 
 誰でも自分の経験は限られているので、コンテンツのネタを考えても、じきにネタ切れしたと思ってしまうはずです。ところがマナブさんはネタ切れしません。マナブさんが以前、「どうしたら動画のネタが切れないのか」というテーマの動画を上げていたことがあったのですが、特別な方法はなく、ただ、一日中ネタについて考えているそうです。そこまですれば、自分にはもうネタがないと思っても、まだまだ自分のなかから出てくる可能性があることがわかります。

まとめ

 マナブさんの例は個人Youtuberの場合ですが、企業でSNS運用されている方にも考え方として役立つ部分はあると思います。特別な企業でなくても普通でいい、正直に情報を公開するのがいい、ネタは考えればもっと出てくる、などのことは参考になるのではないでしょうか?ぜひ、職場でのSNS運用の方針策定や実施に参考にしてみてはいかがでしょうか?

マナブさんのYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/manabuch/